心斎橋のうさぎカフェ「White Rabbit」へ行ってきた

大阪のうさぎカフェ「white Rabbit」に行ってきたので、感想をレポートします!

基本情報

営業時間 12時~19時
定休日 火曜日
住所 大阪市中央区西心斎橋1丁目15-15野々垣ビル201
アクセス 心斎橋駅 7番出口より徒歩3分
四ツ橋駅 3番出口より徒歩2分
システム 25分・55分・85分・115分とおやつ有無を選択
(土日は25分と55分のみ選択可)
1000円~2000円程度
ホームページ http://whiterabbit2017.com/

雑居ビルの一角にあるうさぎカフェです。
ビルの一室で経営されています。
「ブルーアイドホワイト」と言う、目が青く体が白いうさぎスタッフがたくさんいる珍しいうさぎカフェです。
(ブルーアイドホワイトが看板うさぎだそうです)

white rabbitの看板営業時間中はお店が入っているビルの敷地内に看板が出ています。

店内の様子

こじんまりとした、アットホームなお店です。
お客さんが8名程度で満席となります。

店内にはウォーターサーバーと紙コップが置かれており、時間内であれば紅茶やラテなどが自由に飲めるようになっています。

椅子とテーブルの席の他に、ソファ席もあります。
ソファには3人程度座ることができるので、家族連れの方やカップルの方におすすめです。

うさぎと触れ合う

選択したコースによって、触れ合えるうさぎの数が決まっています。
希望の子を伝えると店員さんがうさぎをケージから出して、膝の上に乗せてくれます。
触れ合いは1羽あたり10分です(タイマーで時間を計ります)。

ブルーアイドホワイトのうさぎもちろんブルーアイドホワイトの子を指名しました!
(指名料はもちろんかかりません。個体によって性格が色々なので特に希望がなければ店員さんにおすすめの子を聞くのも良いと思います)
手触りが最高です。
かなりよく手入れされている感じがしました。

服をかじってきました。
こういう時のために無料でエプロンが貸してもらえます。
衣服の汚れが気になる方は活用するといいと思います。

25分コースを選択したのでもう1羽指名できます。

ライオンヘッドのうさぎライオンヘッドの子を指名しました。
(良い感じにもさもさすぎて何がなんだかよく分からない写真になってしまいました……)
私は猫もうさぎもハムスターも長毛が好きです。

ライオンヘッドのうさぎ結構活発に動き回っていましたが、

顔を突っ込むライオンヘッド顔を突っ込んで甘えてきてくれました。
長毛のうさぎはモファモファの手触りが堪りませんね。
この子は「ケージに入っている時にしかおやつを食べない」という子で、手から食べてはくれませんでした。
が、ケージに入っている時にはちゃんと食べてくれました!
おやつは細い乾燥パイナップルで、みんな喜んで食べてくれました。

この他にも、アルビノ(ルビーアイドホワイト)とブルーアイドホワイトのホーランド、チェスナットのネザーランドドワーフ、ブロークントートのアメファジ、そしてなんとドワーフホトの個体と触れ合うことができます。
ドワーフホトと触れ合えるうさぎカフェなんてなかなかお目にかかれないと思います……。
うさぎスタッフのクオリティが高すぎます。

生体販売

うさぎと触れ合うだけでなく、生体販売も行っています。
珍しい「ブルーアイドホワイト」の個体も販売しているので、遠方からお迎えにいらっしゃる方も多いそうです。
子うさぎの写真はマメにアップされているので、見ているだけでも楽しいです。
触れ合いのうさぎスタッフもかなり毛並みが良く、きちんと手入れされていることが伺えたのでここの個体は間違い無いと思います。

なお、生体販売は愛玩目的のみに限られるそうです。
商用や繁殖目的での生体の購入はできません。

まとめ

珍しい種類のうさぎと触れ合いたい際におすすめできるお店です。
一般のペットショップでもブルーアイドホワイトの個体はなかなか見かけないので、触れ合える機会は貴重だと思います。
また、25分からのコースがあってちょっとどんなお店なのか様子を見てみたい、という時に気軽に来られるのもいいですね。
お近くに来た際は是非行ってみてください!
 

 

動物カフェ・動物園の記事をもっと読む